ダイヤモンドキーパー

Keeper技研(株)の「ダイヤモンドキーパー」の特徴などを紹介しています。

誰もが一度は目にしたことのあるコーティング専門店のメイン製品

  • 水弾き:強撥水性
  • 耐久性:5年間(年1回のメンテナンス必須)/ 3年間(ノーメンテナンスの場合)

カーコーティング・洗車に関わる総合メーカーであるKeeper技研(株)が主催する洗車・コーティング専門店「キーパーコーティング」のメイン製品。アルコキシオリゴマーを含んだ独特のガラス被膜と特殊なレジン被膜の二層構造を持つガラスコーティング剤です。

こだわりの二層構造コーティング

塗装の熱伸縮にも追従するガラス被膜が、塗装面の傷や凸凹を埋めて被膜表面を厳密に平らにすることで、美しいツヤを作り出します。

またこのガラス被膜は本質的に無機質であり、酸性雨や紫外線に対しての防護能力も持っています。さらに、ガラス被膜の上に密着するレジン被膜は、表面が有機質の性質を持つ被膜なので無機質のミネラル(カルシウム、マグネシウム、ケイ酸塩)が固着してできる「水シミ」(ウォータースポット)を防止することができません。この2つの被膜によって、透明感のある強いツヤと強撥水性を生み出します。

ダイヤモンドキーパーの施工価格

車種によりますが、大体46,600~66,300円程度。

しっかりと技術研修を行ったプロスタッフのみが施工できるので、安心してお任せできるかと思います。 専門店のKeePer LABOの他に、全国各地のガソリンスタンドと併設しているKeePer PROSHOPがあるので、気軽に車を持っていけるのも利点。

>>5つのガラスコーティング剤を選んで比較しています<<

このページの先頭へ